代表取締役
Q.仕事内容は?

ホームページを制作したり、動画撮影、映像編集など 「プロモーション」に関する業務が主な仕事内容になりますが、 それらを制作することが目的ではなく、多くの人が楽しく、元気に、豊かに暮らせる そんな地域を作っていくことを目的に仕事に取り組んでいます。

そのために今取り組んでいることは二つあります。 一つ目はインバウンド(外国人観光客)の誘客です。 2020年にオリンピックがあって、そのオリンピックイヤーにたくさん来る外国人観光客の ”田舎を体験したい”という人に、1300年の歴史ある美作国に来ていただいて、 そこで色んな歴史や文化に触れたり、地元住民とのコミュニケーションを通じて 日本の伝統的なことなどを体験してもらい、Japanをできるだけ深く知ってもらう。 そして、次の日本旅行は田舎を中心に巡ってみたいねというリピーターを増やす。 そういった取り組みが一つと。 もう一つは、ドローンが法規制もできてどんどんこれから進化をしていって、 色んな便利な活用用途に使える時代が来るとそう思うので、 そのドローンを正しく安全に使ってプロモーションや地域活性の役に立つツールとして使っていくような仕組みを作っていくということで活動しています。
Q.出身は?
美作市巨勢です。

小学校は巨勢小学校で、クラスは13人。男子9人、女子4人のクラスでした。 昔から色んな遊びを考えて流行らせて、皆を楽しませるのが大好きで、 一番流行ったのが「上上(うえうえ)ごっこ」。 ちょっとでも高いところに上がりながら移動していくって単純な遊びなんですけど、 ヒートアップしすぎて、ある子が落ちそうになって、とっさに教室のテレビをつかんで テレビが落ちて壊れて禁止になりました。幻の遊びです。

小・中学校はサッカー少年で… あの当時は、水を飲んじゃダメとか、今でいう体罰的なことが当たり前の時代だったので、 練習も夏の暑い時に何時間も水を飲まないで練習して、喉がカラカラになって。 でも水を飲みにいけないから、ボールを探しに行くふりをして 水たまりの水を飲んだりとかしましたね。 高校は特にどの高校に進むっていうのはなくて、 ただ何となく工業高校がいいのかなってことで、工業高校で願書を出す準備をして。 願書を出す3日ほど前に…..「工業高校は女子の数が少ない」って情報を知って、 ちょっと待てよ?3年間その環境?じゃあ、女子が多い高校はどこなんだ?ってなって。 商業高校が多いらしいってことで、3日前になって願書を書き直し、江見商業高校に入りました。
Q.岡山の良いところは?
「四季折々の風景」

風景が綺麗っていうところが好きで、特に岡山の県北のほうは、 緑の色や空気の香りが、季節によって全然変わって感じることができるんで、 冬・春・夏・秋ともう本当に毎日飽きない。 車で普通に走ったり歩いたりして風景を見るだけで飽きないってのが一番好きな理由ですね。

Q.趣味は?
登山と旅行と写真

一番思い出に残った山は、北アルプスの長野県と岐阜県の境界にある槍ヶ岳。 2泊3日でベースキャンプまで行って上るんですけど、 初日にベースキャンプに着いてそのまま山頂までアタックしようと思ったら、 風と雨がすごく強くて断念して、そこで一晩過ごして… 次の日の朝も天候が悪かったけど、それでも山頂までアタックしたら、体が飛びそうなくらい風もキツくて。 一応レインコートは着てるんだけど、レインコートがバタバタするくらいで。 なんとか登頂して下山した時には、レインコートに入れていたスマホの画面が岩とかにぶつかったのか、割れてました。

普通に旅行もします。価値観の違いや感動を感じた瞬間を写真や動画で撮影するのはすごく好きですね。
趣味 登山 旅行 バンコク 趣味 カメラ
Q.座右の銘は?
「念ずれば花開く」

20代の頃は、先のことばっかり考えてて… 念じただけでは、開くはずない!行動するしかない!と思っていました。 行動っていうのは、念があっての行動だなって気づいたのが30代の頃で。 念ってことを深く考えていったら、念って”今に心”って書くじゃないですか? やっぱり、”今の心”っていうのが一番大事っていうのに気づいて。

”今の心”を第一に考えて動く(考動)すれば、そんなに焦って行動しなくても、 将来的にはかならず花は開く、うまくいくと思っています。
Q.仕事への思いを。

会社の理念でもあるんですけど、 岡山県北、自分が今まで生まれ育った地元を 「楽しく元気に豊かに」していきたいなって思っています。

日本の田舎っていうのはどこもそうですけど、過疎化が進んで若い人が県外に出ていく。 まあ、それはそれで仕方のないことだと思うんですけど、でもそのままじゃ田舎の人口は減っていくし、人口が減ると自分たちが60歳、70歳になった時にすごく寂しいことになると思うんで、やっぱり今できる事をやる。 都会に住んでいる人も田舎っていうのはなんとなく興味があると思うんですけど、 一回こういうところに来たら、人のあたたかさや景色の綺麗さに感動されると思うんです。 一度来てもらえるようにプロモーションという手法で田舎が持つ「強み」を伝えていって、 まずは田舎の良いところを知ってもらう。 観光でもなんでも良いんですけど、1回こっちに来てもらえるきっかけを作って、 「田舎って、良いところなんだな。」「こういうところに住めたらいいね。」 「こうところで仕事できたらいいね。」っていう人を増やせるきっかけになるような、 そんなプロモーションに関する仕事をやっていきたいと思っています。